ユダヤ資本-ロスチャイルドの金融世界支配論

ユダヤ資本の傀儡国家「アメリカ合衆国」と
Rothschild<ロスチャイルド氏>の金融世界支配論


 ルネサンス以降の世界の歴史は、ロスチャイルド家を除いては語れない。ロスチャイルドは
ユダヤ人でり、元々の発祥の地はドイツであり、高利貸し、銀行業で生計を立ててきた歴史が
あり、今や世界中の富を独占しようとしている。

 もちろん、日本もロスチャイルド氏の支配下にあり、それはロスチャイルド氏のアメリカ合衆
国支配を経由して、「対日要望書」という形で提出され、今や「構造改革」の名の下に、日本の
富がアメリカ合衆国政府を通じて、ロスチャイルド氏の財布の中に納まろうとしている。これは
一見して米国による日本の国富の収奪のように見えるが、実は米国を裏で支配しているの
は、ユダヤ系アメリカ人とロスチャイルド氏なのである。
 ロスチャイルド氏は、FRB(アメリカ連邦準備銀行)(この銀行は株式を発行しており、政府機
関ではなく、民間銀行の一種である。)の支配人であり、彼はFRBをあやつることで金儲けを
し、選挙資金を大統領候補に貸し付けることによって、アメリカ合衆国大統領を支配してきた
し、JFケネディ、リンカーンなど気に入らない大統領は暗殺した。
 つい最近の話をすれば、次期大統領候補のクリントン女史とも密会し、クリントン候補への選
挙資金の貸付と、大統領になったときはロスチャイルド氏のいうことを聞くという約束をした。

 日本に関していえば、ロスチャイルド氏は、アメリカ合衆国大統領に命令して、「対日要望書」
を作成させ、突き付け、とうとう郵政民営化に成功した。彼の狙いは何百兆円という郵便貯金
を民間に流し、流通させることだった。それに成功した今、ロスチャイルド銀行は、日本の莫大
な資本を「構造改革」という手法を利用して、我が物として収奪するだろう。
 
 また、この様な重大なことがなぜ、テレビ、新聞、雑誌などで掲載されないか、懸命な読者は
もう既にお解りだろう。テレビ、新聞、雑誌などの主要なマスメディアの株式は、ロスチャイルド
傘下の企業が握っており、マスメディア自体がロスチャイルド氏の私有物だからである。


 その詳細については、この項では、説明しきれないので、関連ウエブサイトを掲載しておくの
で、ぜひ見て欲しい。私のこの頁では、ユダヤ資本とロスチャイルド氏を語るには余りにも資料
が膨大過ぎて、詳細かつ、核心を伝えることが出来ないからだ。


<世界の首領:ロスチャイルド氏>
http://www.anti-rothschild.net/index.html

<ユダヤ資本のアメリカ合衆国統治に反対してきた人々>
http://video.google.com/videoplay?docid=-845461387975920288&hl=en


< 9.11 の驚愕の真相を語る>
元「フォーブス」アジア太平洋支局長
ベンジャミン・フルフォード氏
http://video.google.com/videoplay?docid=-3859363222910740882&hl=en



戻る
戻る