社民党、「憲法9条論争」公式見解



 北朝鮮から侵略されたらどうするかとのご質問ですが、当然自衛隊が防
衛しますのでなんの問題もありません。すでに自衛隊は世界有数の規模と
装備を持っており、米国以外のあらゆる国からの着上陸侵攻を撃退する能
力を持っています。

 憲法9条があるから国民を守れないとのご指摘は当たらないと考えてお
ります。弾道ミサイルからの攻撃についても、憲法9条があるから国民を守
れて、変えれば守れるようになるとのご意見はまったく理解できません。

 いったい、憲法9条とどういう関係があるのでしょうか。
 すでに、社民党は自衛隊の存在と、自衛隊が平和憲法の下での日本防
衛を担うことを認めております。憲法9条を変えることが現実的で国民を守
ることになるとは考えておりません。

                社民党政策審議会事務局 N事務局次長




 日本国憲法第9条


第9条 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動た
る戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久
にこれを放棄する。

(拉致事件などの国際紛争を解決するために、武力による威嚇、例
えばピョンヤンまで届くミサイルの保持は外交カードとして認めるべきではないか!?)


2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。(自衛隊
は軍隊です。社民党も憲法を曲げて読んでますね!)国の交戦権は、これを認めない。
(防衛の為の交戦権は認めるよう改正した方がいい。ノドンを撃たれたら、ピョンヤンへ
ミサイルで反撃するべきだ!)



 飽くまで憲法9条と、現行憲法を擁護する社民党には落胆と失望を隠せな
い。憲法とは、その時代にあった様に常に改新されるものなのに、60年前
の憲法を死守するというのは、「やっぱり万年野党でいいんだ組か!
(>_<)」の感が否めない。本当に失望だ!(>_<)





 社民党本部 政策担当者への要望メール



 社会民主党に期待するところのある者です。
前回の選挙でも、日本社会の貧富の格差の拡大に意義を申し立てる社民党の政策には
おおいに賛同しました。
 しかし、憲法9条を変えないというのは、絶対認められません。
 先の大戦の敗戦国、ドイツ、イタリアでも正規軍を持っていますし、台湾、マレー
シア、韓国等でも、軍隊は持っています。
 だから速やかに、日本も憲法9条を改正して、正規軍を持つべきです。
 社民党がなぜ実態にそぐわない憲法9条を改正しないのか、全く理解できません。
北朝鮮から、侵略されたら、どうするのですか??
 社民党はノドンミサイルを打ち込まれたあとで、安全保障理事会に提訴するのです
か???それでは国民守れません。きちんと最小限の軍備を充実させて、他国の侵略
から国民を守る義務が国にはあるのではないでしょうか??
 社民党に福祉政策に期待する半面、組織も、他の政策でも非現実的過ぎて、投票ま
ではできません。社民党にもっと現実的になって欲しいと思います。
 国会の総保守化にはうんざりだけど、社民党の旧態依然とした態度にもがっかりで
す。この国は滅びるしかないのでしょうか??


トップへ
トップへ
戻る
戻る